レスポンシブデザインのSEOへの影響

今後レスポンシブデザインがSEOに影響することも考えられます

  • レスポンシブデザインとは、「パソコン・タブレット・スマホなどあらゆるデバイスに最適化したWebサイトを単一のhtmlで実現する制作手法」です。
  • 従来は、振り分けることでスマホやタブレットに対応して表示することもありました。
    ケースによってはurlにmobileを入れてサブドメイン化したりすることもありました。
  • しかし、これではカスタマイズするときに手間が倍かかったりするコスト面だけでなく、SEO的な問題も発生してゆきそうです。
  • googleウェブマスター向け公式ブログよると、レスポンシブデザインについて「アクセシビリティの観点から様々に考察してきました」と書かれています。
  • 「モバイル端末とデスクトップの両方に対応させるガイドラインを満たす方法の検討」も始めているようです。
  • という訳で、「googleがアクセシビリティの優れているサイトの方を上位に表示する値打ちがある」とまで考えているのではないか?と思うのは、あながち拡大解釈とは言いきれないように思います。
  • これは、方向としてはレスポンシブが推奨されてゆくとしても、「直ちにSEOに影響がある」というわけではありません。
  • しかし今後、メインドメインページとサブドメインページが類似コンテンツになっていることは、SEO的に不利な要素になる可能性が高まると考えてもよいのではないでしょうか?
  • また、色々なリダイレクトで複雑に組み込まれているサイトより、シンプルに構成されているサイトの方が正常に解析されやすいということも考えられるかと思います。
  • 今のうちに、レスポンシブデザインにしておくと憂いなしと思います。

レスポンシブデザインのSEOへの影響」について詳しく知りたい一般のサイトオーナーさんやWebデザイナーさんはメールフォームでお気軽にお問合せください。無料でお返事させていただきます。
※後々にSEO営業の連絡をすることは全くありません。
※SEO会社関連の方は有料になります。(1返信2,000円)

カテゴリーレスポンシブデザインの一覧最近10件

  • レスポンシブデザインのSEOへの影響
「 レスポンシブデザインのSEOへの影響」ページ