SEO内部チューニングする時のバリエーション

既存サイトを内部チューニングする時には、色々とバリエーションがあります。

  • バリエーションを考える必要のある条件

 

  1. カラム数
    トップページや投稿ページのカラム数が1カラム2カラム3カラム、それぞれにコンテンツ部分のチューニング方法が異なります。
  2. ヘッダー部分にh1テキスト以外のテキストが有る場合と無い時
    h1以外にテキストが有ればその文章を最適化する必要があります。 無ければコンテンツブロック又はフッターブロック内で補います。
  3. 画像が多い場合
    テキストが一定量以上有る方が有利でチューニングしやすくなりますが、テキスト量に比べて画像が一定量以上多い場合には、キャプションやaltで最適化を図ります。
  4. サイドバーコンテンツが一定量以上多い時
    全ページに渡ってコンテンツ量が多いサイドバーが存在するのは、ページ毎のキーワード特化が手薄になります。 それを回避する為にサイドバー内にページ毎に異なるコンテンツを表示します。
  5. フッター内コンテンツが一定量以上多い場合も4.のように行います。
  6. ポータルサイトのようにトップページからの内部リンク数が一定量以上多い場合
    トップページからのリンク過多となるのを回避する為にサブページ又は特定ページからトップページへのリンクを調整します。
  • その他、いずれかの箇所がコンテンツが多い、リンクが多い、特殊なデザインにしている等々の場合には、それなりの内部チューニングが必要です。

 

 


SEO内部チューニングする時のバリエーション」について詳しく知りたい一般のサイトオーナーさんやWebデザイナーさんはメールフォームでお気軽にお問合せください。無料でお返事させていただきます。
※後々にSEO営業の連絡をすることは全くありません。
※SEO会社関連の方は有料になります。(1返信2,000円)

カテゴリー内部チューニングの一覧最近10件

「 SEO内部チューニングする時のバリエーション」ページ