SEO内部チューニング・5 つの基礎その2.何をユーザーに伝えるか

SEO内部チューニング・5 つの基礎その2.何をユーザーに伝えるか

内部チューニング5つの基礎何をユーザーに伝えるか

  • この記事は、内部チューニング・Googleサイトクリニックから学ぶ5 つの基礎ポイントをご参照の上でお読みいただくと分かりやすくなります。
  • 適切なページタイトルを付けて「何を検索ユーザーに伝えるか」を明確にすることが大事です。
  • ここでしっかりと絞り込んだタイトルにすれば、ユーザーが検索した時に探していたコンテンツにたどり着きやすくなります。
  • そして、コンテンツがタイトルとマッチしておれば検索ユーザーの満足度が増します。
  • こういう流れになるように、検索エンジンはページ品質をとても大事にしています。
    「何をユーザーに伝えるか」を明確にしておくことが品質レベルを上げます。
  • ページ品質の大事なポイント(固有のコンテンツ+固有のタイトル)
    1.ページのコンテンツが絞り込まれている=固有のコンテンツ
    2.コンテンツにマッチしたタイトルになっている=固有のタイトル
  • 固有のコンテンツである為には、オリジナルで、深く切り込んだ内容で、冗長にならない、読みやすい、見やすいものであることが必要です。
    ただ単に量が多いだけではダメです。
  • 固有のタイトルである為には、そのサイト内で唯一のタイトルでないといけません。
    良く似たコンテンツの場合でも、タイトルの三分の一程度が異なっていることが必要です。
    例:
    このページのタイトルは「SEO内部チューニング・5 つの基礎その2.何をユーザーに伝えるか」で前投稿タイトルは「SEO内部チューニング・5 つの基礎その1.コンテンツを整理する」としています。
  • さらに、長すぎるタイトルは検索ユーザーにも検索エンジンにも理解しにくいので、程度な長さにしましょう。
    サイトのタイプにもよりますが、おおむね20~30文字が適度です。
  • ページタイトルを「投稿タイトル+サイトタイトル」とする場合が多いですが、「サイトタイトル」が長い場合には「投稿タイトル+サイトタイトルを短縮したもの」として調整します。

SEO内部チューニング・5 つの基礎その2.何をユーザーに伝えるか」について詳しく知りたい一般のサイトオーナーさんやWebデザイナーさんはメールフォームでお気軽にお問合せください。無料でお返事させていただきます。
※後々にSEO営業の連絡をすることは全くありません。
※SEO会社関連の方は有料になります。(1返信2,000円)

カテゴリー内部チューニングの一覧最近10件

「 SEO内部チューニング・5 つの基礎その2.何をユーザーに伝えるか」ページ