同義語類義語とSEOチューニング

同義語類義語を考慮するのはSEOチューニング上とても大事になっています

  • 同義語とは「表現の差があっても同じ意味の語」で、類義語とは「意味が類似しておりケースによっては入れ替えても同じ意味として使える語」となります。
  • SEOチューニング上は検索エンジンがどのように把握しているかということになります。
  • 漢字、カタカナ、ひらがな、ケースによっては英語も検索エンジンは同義語類義語として認識しています。
  • 例えば、「無料」「フリー」「free」はほぼ同義語類義語となっています。
  • 「空の写真無料」「空の写真フリー」「空の写真free」で検索してみてください。
    全く同じ検索結果でなくても、上位には同じサイトが並んできます。
  • このケースで、キーワード「フリー」「free」が全くサイト内に存在しなくて、キーワード「無料」だけが使用されていても上位になっているサイトがあります。
    http://www.osatsu-pacific.com/
  • これで分かるように、検索エンジンは「無料」「フリー」「free」を同義語類義語としてほぼ同じ扱いをしている事が分かります。
  • 但し、前後の文字によってはそうはならないケースもあります。
  • ということは。キーワードを選定する際に同義語類義語を調べておくことが必要だと言えます。
  • サイトタイトル・投稿タイトル・コンテンツ内に配置するキーワードをこの点からも吟味しておくことが肝要です。
  • さらにURLにも慎重に英語を配置することも考慮しましょう。

同義語類義語とSEOチューニング」について詳しく知りたい一般のサイトオーナーさんやWebデザイナーさんはメールフォームでお気軽にお問合せください。無料でお返事させていただきます。
※後々にSEO営業の連絡をすることは全くありません。
※SEO会社関連の方は有料になります。(1返信2,000円)

カテゴリーSEOチューニングの一覧最近10件

「 同義語類義語とSEOチューニング」ページ